■飛来した787を詳しくみてみる 〜その1〜 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■もちろん撮影した787 〜ボーイング787日本初飛来! 〜 | main | ■飛来した787を詳しくみてみる 〜その2〜 >>

■飛来した787を詳しくみてみる 〜その1〜  このエントリーを含むはてなブックマーク

ちょっと今日は、力を入れて、技術的な事を紹介してみたいと思います。

その前に・・・
昨日からお祭りWeekに入っている787ですが、当たり前ですが飛来するには目的があります。
今回の目的は、SROVと呼ばれる検証プログラムのためです。

詳しい方はご存知かと思いますが、検証プログラムは何をするかというと、就航(予定)の各空港において、給油作業や、空港のゲートでのボーディングブリッジなどのフィッティングチェック。
トーイング等の作業手順の確認等を行います。
その他にも、必要となる空港設備との適合テストや、その他、就航にあたって必要となるであろう作業を実際に行って検証するというプログラムです。

さて、SROVについては簡単ですが以上とさせていただいて、今回注目したいのは「コクピット」です。

真正面から撮影できなかったので、こんな写真しかありませんが、この、真横からみた写真からも、ある特徴をみることができます。



よーく観るとわかるのですが、従来までの航空機と比較すると、若干色がついているようにみえます。(影じゃないですよ)

これは、コクピットの数々の計器がデジタル化された上に、HUDという、よく戦闘機のコクピットでみるような、パイロットが前を向いたままでも情報が見られるように工夫されたディスプレイが搭載されている事が大きな要因です。

以下の写真に楕円っぽい小さなディスプレイが写っていると思いますが、それがHUDです。

http://www.airliners.net/photo/1320408/L/

HUDの利点は様々ありますが、旅客機の場合は、時に、パイロットが、飛行中に計器盤の計器に視界を切り替えることにより発生する空間失調症や、致命的なミスを防げるようになっていることが挙げられます。

また、787は、従来のアナログ式の計器類がほとんどなくなりましたので、完全デジタル化されていると言っても良いですね。

となると、コクピット内の光線管理がとても大事になってきます。

「逆光で眩しくてディスプレイが見られませんでした」なんていう自体になったら、最悪墜落してしまうほどの危険性があります。

そのような自体を防ぐために、コクピットの窓にも多くの工夫がされているようで、その一つとして、写真に撮ると色がついているように見えるような事も挙げられます。

もう一つ革新的なのが、窓の取り付け方です。

コクピットに限らずですが、787では空気抵抗を減らし、機体の強度を上げるために、窓の枠と窓本体を取り付ける部分の段差を可能な限り少なくしています。

比較できる写真がないので申し訳ないのですが、窓と窓が取り付けられている枠の部分に大きな段差がなく、機体とまるで一体化しているかのように見えると思います。

新幹線のN700系でも話題になったのですが、表面がなめらかであればあるほど(凹凸がないほど)空気抵抗は減り、騒音も減り、その結果燃費の向上に役立ったり、製造コストの削減に繋がったりします。

しかし、単に「なめらか」にするために、段差をなくせば良いというものではなく、窓の取り付け部分というのは、機体にとっては強度不足に陥りがちな部分になることに注意が必要です。

ですので、いかにそのバランスをとるのか設計上のポイントになってきます。

そのためには、使用するパーツの素材を見直したり、もしかしたら787のためだけに、新しいパーツを開発することになったのかも知れません。
加えて、組み立て方や取り付け方などの製造工程上の技術開発もされたようです。

そういう細かい部分から作り込まれた787。

ですので、「最新鋭機」と呼ばれ、次世代型の旅客機とも呼ばれます。

また、このような事を可能にしたのは、日本の多くのメーカーの技術力があってこそと言われています。

787の日本飛来にあたって、BoeingがローンチカスタマーであるANAに最大限の敬意を払っているのは、納品が遅れて迷惑をかけているANAへの配慮のみならず、日本の協力会社への敬意でもあると、某氏はおっしゃっていました。

つたない説明ではありましたが、こういう観点からのブログを書くというのも、自分の勉強のためにもいいですね。

ちょっとずつ、こういう話題もアップしていこうと思います。



JUGEMテーマ:航空機


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 19:11

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/1067