■バーテンダー「ニシオー」の成長 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■クリエイティブな人生を | main | ■マニアの入り口は言葉から >>

■バーテンダー「ニシオー」の成長  このエントリーを含むはてなブックマーク



先日連れて行ってもらった三軒茶屋のあるお店に貼ってあった。

うん。そうだと思う。というか、その通りだと思う。
やっぱ人だよな〜。

そのお店は、バームクーヘンの串あげというキラーコンテンツがあったけど、それに加えて店員さんのこともちゃんと印象に残っている。

三軒茶屋で、しみじみ感じた。
飲みに行く仲間に店員さん。

最終的には人ですね。

仕事だって、最終的には人次第だと個人的には思っている。(それだけで通用するほど甘くないけど)


■人の成長は上から目線で

人って、案外自分が成長していることには気づきにくいけど、他人をみると「お!成長してるじゃん」と、どうも上から目線で感じてしまうことが多いらしい。


■ニシオーの成長

よくいくバーに通称「ニシオー」というバーテンダーがいる。
このバーテンダー、いわゆるイケメンなんだけど、そのバーで働き始めた当初は本当にトークが苦手で、トークが苦手だけならまだしも、話しかけにくい=自然にオーダーしにくいという、とんでもないバーテンダーだった(笑)

その後、ニシオーの創る料理が絶品であることを知って、ちょっと見直した。

でも、バーテンダーである。料理人ではないはず・・・。


■あれから3年(あれ?4年だっけ?)。

そのニシオーが、本当に成長している。

悔しいことに絶妙のタイミングで「次どうされますか?」「お食事はどうなさいますか?」なんてきいてくる。
その時々の客層に応じて、接客のタイミングとか、優先順位とか、はたまた、そうとうにできあがっている常連客を軽く流す技まで身につけた。


■そしてさらに驚くことに

先日、プライベートで4人で食事をした際、「今日は自分たちから誘ったので」なんて言いだして、ニシオーがおごってくれた。

いや、ホントにびっくりした。
びっくりしすぎて、すぐに「じゃあ、今回はありがとう」と言ってしまい、すんなりおごってもらってしまった。

(悪い意味ではなく)全然期待していなかったことなので、驚くやら嬉しいやら。
そして得意の上から目線で「ニシオー、成長したなぁ」と思ったわけです。


■期待値を超える

プライベートの食事だったし、何を期待していたわけでもないけど、この時思ったのは
「ニシオー、成長してるよなぁ」と思っていた矢先に、「おごります」という心意気。

よくよく考えてみると、こちらもお金を払ってお酒を飲みに行っているわけで、
「成長してるよな=次も気持ち良い接客してくれるはず」という期待値がある。

仕事上でその期待値を超えてくれるのは本当に嬉しい事だけど、仕事を離れて、人としてもその期待値を超えてくれると、びっくりするのを飛び越えて、ある意味尊敬さえしてしまう。

人の期待値を打算無く超えることについて、あらためてその大切さを感じました。


期待値を常に超え続けられる人になれるよう精進します。



JUGEMテーマ:ひとりごと


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 19:55

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/1083