■初めての体験だからこそ | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■騎西避難所 復興支援イベント 体験記 1 | main | ■習慣を変える >>

■初めての体験だからこそ  このエントリーを含むはてなブックマーク

ニューギニア航空

HOSONISMからお越しいただいた皆様、こんにちは。Mです。

HOSONISMにて「無類の航空機マニア」と紹介していただいておりますが、あらためて振り返ってみると、ブログタイトルからして「無類の航空機マニア」の部類に入るなと、あらためて認識しているところです。

ただ、羽田や成田、セントレアをはじめ、各所に出向いて飛行機を撮影しておりますが、僕なんかよりも数十倍も数百倍も詳しい方々が撮影仲間にいらっしゃいますので、僕なんかは、平均よりも少し下ぐらいのレベルだと自分では認識しています。

■お薦めした羽田の撮影ポイント

実はHOSONISMのH氏より「羽田に撮影に行こうかと・・・」というメッセージをいただき、少しばかりお役に立てればと思って撮影方法やポイントなどを解説させていただきました。

ただ、あまり他人に飛行機撮影の醍醐味とかポイントとかを解説したことがなかったので、お返事する時に「さてどうしたものか」と、数十分ほど考えあぐねてしまいました。

天気予報を確認すると南風の予報だったことと、夕方に撮影されるとのことで最終的なお薦めポイントとして「第二ターミナルのデッキから撮影」をお薦めしました。


■人に説明するのは難しい

単なる言い訳ですが、自分で知っていることを他人に説明するのは難しいなぁとつくづく感じました。
特に、飛行機の撮影は、いろいろな条件を考えて撮影する必要があります。
(と思っているのは、無類の航空機マニアだけかも・・・)

天候、風向き、撮影時間帯、被写体、構図などなど・・・。

例えば、風向きによって飛行機は離陸する方向が変わるので、それはイコール滑走路の使い方が変わるということです。
滑走路の使い方が変わると、どのターミナルからだと、どんな構図で撮れるかがかわってきます。
また、それを説明するために専門用語を使えないという制限もあります。

「今日は滑走路は16ですよ〜」とだけ言えば通じる、航空機マニアを相手に説明するわけではないですから・・・。

もちろん、そんなことをいちいち考えなくても、普通に空港のターミナルデッキに行けば、飛行機は撮れます。


■どうせなら楽しんで欲しい

なんでもそうかもしれませんが、初めての体験というのはその後の印象に大きく影響します。
初めての体験が楽しければ「またやってみたい」となるでしょうし、つまらなければ「もうこれでいいかな」となってしまいます。

僕は本当に飛行機の撮影が好きなので、初めて飛行機の撮影をされるという話を聞くととても嬉しいですし、その分「楽しんで欲しい!」と心から思います。


■楽しみ方は人それぞれ

かといって、自分の価値観を押しつけるのもよくないなと思います。
楽しみ方は人それぞれですし、自分にはない楽しみ方をされるかもしれません。

楽しんでいただける情報提供、相手に満足していただけるような情報提供。

これって本当に奥が深いよなと、あらためて勉強させていただきました。


最後に、HOSONISMはとても面白いブログですので、まだご覧になられていない方は、是非ご覧になってください。
思わず全ての記事を読みいってしまうと思います。





記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 13:39

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/1086