■2011年は自分にとって「再始動」の年 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■される側になってわかること | main | ■「まだ」か「もう」か >>

■2011年は自分にとって「再始動」の年  このエントリーを含むはてなブックマーク

2011年も、もうすぐ終わりとなり、2012年への橋渡しの時間となりました。

今年も自分にとって、大きな意味のある一年になりました。
意味のない一年なんてないとは思いつつも、今年は「再始動の一年」であったが故に、やはり深い意味を持つ一年になった気がします。

正直、常に自分をコントロールできていた一年ではなかったし、再始動をしたことによる、各箇所の不具合に遭遇し、それにうまく対処できなかった一年でもありました。

ですので、ご迷惑やご心配をおかけしてばかりだったし、今でも、まだご迷惑をおかけしている方々もいらっしゃいます。
そういう方々には本当に申し訳ないと思いつつ、(自分を正当化したいわけではなく)今の自分にはどうしようもない事も多々あるので、これから少しずつ改善していきたいと思っています。

そして、結果責任を受け入れるということについても、学ばせていただいた一年でもあったと感じています。


2010年の年末から2011年の年明けにかけて「再始動」として、エンジンをかけ始め、夏前には新しい環境に身を置かせていただけることにもなりました。

その新しい環境は、過去の自分を振り返った上で、自分がやりたいこととできることを自分自身でしかっりと見極めた上で、自分なりに覚悟を決めて飛び込んだ環境です。

そんな、自分の勝手な覚悟を受け入れて下さった関係の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

自分を受け入れてくださった大きな要因としては「自分の過去の実績」が含まれていると思いますし、その実績が期待値にもなっているはずです。

ですが、自分としては正直、新しい環境に慣れるのが精一杯で、最高のパフォーマンスを常に発揮できていたわけではありません。

それは大きな反省点でもありますが「すぐに焦る」「すぐに結果を求めたがる」「人生を急ぎすぎる」という、今までの自分を卒業しつつあることが、自分にとっては大きな収穫でもありました。

できないことはできない。
だけど、それをできるようになりたいと願うなら、どうしたらできるのかを考える。
そして考えたことを行動に移し、実行し続ける。

そういう当たり前のことが当たり前の感覚として、自分の中に戻ってきたことも嬉しいことでした。

どうしても後ろ向きになってしまったり、発想が幼稚だったり、口先だけになりがちなここ数年だったので、「それを実現するためにはどうするか?」という発想と行動が自然にできるようになってきたのは再始動したことによって得られたことです。

2012年も、そこからまた一歩進んで、行動しながら軌道修正していき、「やりきった!」と思える毎日を過ごすことが目標になると思っています。

他人にとっての当たり前でも、今の自分にとっては当たり前ではないので、できていないことはできていないこととして受け入れ、成長していきたいと思っています。

ただ、先に書いたことを卒業しつつある過程において、やはり慢心というか、怠ける気持ちがあったことも事実なので、自分がさらに成長しながら、変化し続け、ベストなパフォーマンスを発揮していくことも目標にしていきたいと思っています。


それから、2011年は「再始動」の一年であった事に加えて、主にプライベート(というか趣味)では、「新たな挑戦」に一歩踏み出した一年でもありました。

自分にとって「写真を撮る」ということが本当に大切な事であり、心から好きであることを再認識したということもあるし、再認識したことによって「もっと上を目指したい」という気持ちが正直にわいてきました。

なにをもって「上」とするかの定義があいまいな状態なので、それを明確化しないといけませんが、「クリエイティブでありたい」という自分の欲求は、もうおさえられないものとなりました。

2012年は、基本的なスキルやノウハウを早期に学んだ上で「作品」と言えるような写真を撮れるようになる事と、一方では「職業としての写真撮影」についても足を踏み入れていきたいと思っています。

もちろん、飛行機撮影は自分にとっての絶対に失う事ができないベースですので、それはそれで引き続き継続しています。

飛行機を撮ることも好きですが、飛行機撮影仲間との出会いや仲間と過ごす時間というのも、自分にとっては大変貴重な財産ですので、その財産を資産としてもっと増やしていきたいなと思っています。

つれづれと書きましたが、2012年の目標もそれなりにたくさんありますが、それらの目標を達成するための心構えとして

・仕事、プライベートにかかわらず、「相手に豊かになってもらう」ということを常に意識する
・「それはクリエイティブか?」を常に自問する

それを忘れないように、新しい一年を過ごしたいと思います。

2011年もお世話になったみなさま、ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした、自分。

2012年が素晴らしい一年になることに期待が膨らみます。



JUGEMテーマ:ひとりごと


記事URL

comments(0)| trackbacks(1)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 23:22

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/1093
-, 2012/01/01 3:12 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。