■プロジェクトを動かしているという実感 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■「胴体着陸」に思う、言葉の選び方 | main | ■もう少し真面目にやっておけば良かった事 >>

■プロジェクトを動かしているという実感  このエントリーを含むはてなブックマーク

いくつものプロジェクトをかかえて、ヒーヒー言いながら仕事をしている毎日です。

引っ越し案件から、システム開発案件、はたまた広告制作まで。
自分は何をする人なのか、自分でもわからなくなることがある。

本当は、マーケティングが本業なんですが、今の僕のミッションは、

「会社として、世のため人のために、きちんと価値を提供できるような仕組みと思考を産みだし、形にすること」

だと思っている。

価値提供をするためのツールの一つがオフィス環境であり、コーポレートブランディングであり、社内システムの再構築だったりするわけだ。

まぁ、はっきり言って、そういう理由を、自分が納得いくように後付けにして、自分自身のモチベーションを高めているだけなんですが。
そりゃ、毎日マーケティング業務をやっていたいと思うのも本音。

よくあるパターンかもしれないけど、今勤務している会社は、今まさに、社員数が50名を超えようとしている。
この1年半で、社員数は約2倍に増えた。そして、海外にも拠点を出した。

一気に社員が2倍増えることのインパクトは、はっきり言ってかなり大きなインパクトだ。
国を超えて、コミュニケーションをとる仕組みを作ることも、そんな短期間でできるものではない。

きちんと設計されていないシステムのバグが表面化し始め、元々20名程度の利用を前提に設計していたシステムは、もはや火を吹き始めている。
仕様書も、運用マニュアルもない。という、中小企業にはよくあるパターン(泣)

もともと、少数精鋭で親身なサポートを差別化ポイントとしていた会社にとって、今の状態で本当に差別化できているかどうか疑問であるし、あらゆるバックグランドを持って入社してくる社員のベクトル合わせをどうしていくのかという経営課題は何も解決されていない。

どんな環境に居たとしても、問題意識を持てば、いくらでも改善点は見えてくる。
ようするに、僕自身が、今のこの会社の状態を、ほっとけないわけだ。

役員たちが、それらの問題や課題に正面からぶつかっているかといえば、そうでもない現状がある。

でも、そんな環境にいる自分が結構好きだったりする。
経営陣に近いところで、会社を変えていけるかもしれないという面白さ。

とか書いておきながら、実は今いる会社に勤務すると決めた理由は、自分が独立するのに都合が良いという理由もあった事は否定しない。

今でも独立するという方向性は変わっていないけど、今いるこの環境で、何かを成し遂げなければ、次は見えてこないのではないだろうか、という気もしている。

自分が主体的に動き始めたとき、周りもそれに連動するように動き始める。
タスクに振り回されるのではなく、プロジェクトをマネジメントしていく。

常に主体的に。そしてアグレッシブに。

記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 23:38

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。