■身につけると強いこと | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■突然のできごと | main | ■古川さん、怒る >>

■身につけると強いこと  このエントリーを含むはてなブックマーク

キャリアアンカーの僕のタイプはリーダータイプ。
そのリーダータイプが身につけたらすごく強力だよなと思うのは、「ファシリテート」のスキル。

僕はかなり前から、ファシリテートというものに興味を持っていて、ファシリテート関係の本を何冊も読んだことがある。
すごく面白かったし、ファシリテーターって自分には合っているかもしれないと思った。

でも、当たり前ですが、「知っている」=「できる」ということじゃない。

そうこうしているうちに、CLAのイベントを通じて、ファシリテーターの講演などをされている方とお会いする機会があった。
そしてありがたいことに、その方が、CLA向けに勉強会という形でファシリテーターの体験セミナーをやってくださるという。

コーディネートしてくれたのは、Macさん。
Macさん、ありがとう!!

そもそも興味を持っていた自分にとっては、まさにチャンス!なわけで、その体験セミナーを受講。

ファシリテートという言葉自体は、徐々に日本でも浸透しつつあるようだ。

では、なぜリーダータイプがファシリテートのスキルを身につけると良いのか。

まずはファシリテートの言葉の定義を。

今回勉強会の講師を引き受けてくださった齋藤さんのサイトから引用すると、

 “ 意思決定をする会議 ”で、
         “ 皆が納得できる方針が決まる ”
                        話し合いの技術


となります。

一方で、キャリアアンカーでいうところのリーダータイプは、別名「コントローラー」とも言い、(というか、僕たちが開催しているセミナーを通じて、そういう言葉で呼ぶことが適していると判断して使っています)その行動特性の一つは、

周りの意見をちゃんと聞いて(みんなをコントロールして)、全てをとりまとめた上で、方向性を示すことができる

です。

だから、会議などをはじめとする意志決定の場で、そんな行動特性を持ったリーダータイプが、ファシリテーターとしての役割を担うことで、意志決定がスムーズにできるようになるのではないかと思うわけです。

※もちろんリーダータイプだけにファシリテータの適性があると言いたいわけではないですよ。

元々の行動特性にスキルをプラスしていくことで、それが全体に対する価値提供につながるのであれば、リーダータイプは積極的にこのファシリテートのスキルを身につけたほうが良いと思います。

で、勉強会に参加してみてどうだったかというと、まさに、ファシリテートはこれから必要とされるスキルの一つだと感じた。
そして、個人的には、特に抵抗無くファシリテートに接することができた。

・テーマからそれない。
・アジェンダを整理する。
・アイデアを発散し、そして収束していきながら、結論を導き出すというプロセス。
・紙やホワイトボードに書く。


ファシリテートの基本的なスキルは、どんな場面にも応用できる気がします。

特に「書く」という行動は、絶対に忘れてはいけませんね。

自分の過去を振り返ってみても、うまくいかなかったミーティングは、必ずといっていいほど、書くことをしなかったということに気づいた。

ファシリテートの第一歩は「書く」ことである事を忘れないようにしたいと思います。

記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 23:59

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。