■リアルが求められる時代 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■とりあえず見積書&請求書 | main | ■よし、Vistaにするぞ >>

■リアルが求められる時代  このエントリーを含むはてなブックマーク

久しぶりにCLAの全体会議に出席した。

今回の全体会議には、近藤さんもゲストで飛び入り参加していただき、いつも以上に、また深い学びを得られる時間だった。

近藤さんがいつも語られるリーダー論は、大変興味深く、そして本質的な事ばかり。

今回の学びは、リーダーにはリアリティが必要ということ。

リーダーには、

・人に伝える能力
・人を動かす能力

の2点が相互に補完し合って必要となる。

リーダーは、人に対してビジョンをわかりやすく、そしてビジュアル良く伝える能力がスキルとして必要になる。
ただ、それだけではリーダーとしては失格で、発言していることにいかに共感してもらえるかも必要となってくる。
(別の言い方をすれば、「その発言に惹き付けられるもっともらしい何かを持っていること」と言える)

この「共感してもらう」「動いてもらう」というのは、スキルやテクニックの問題ではなく、人間力の問題になってくると、僕は話を聞いて感じた。
いくらビジョンをカッコよく語ったとしても、ついてきてくれる人、共感してくれる人、
動いてくれる人がいなければ、リーダーにはなりえない。
いくらパワーポイントで素晴らしいビジュアルの資料を作ったとしても、内容がなければ、上っ面だけだということが、すぐにバレる。

僕自身、この「人に動いてもらう」という事がちょっと苦手。

それはなぜなのかも、今回の近藤さんのお話から学んだ。

簡単に言えば、自分の全てをさらけ出すことが結構苦手だからだ。
自分に足りないもの、人に頼りたいものを、なかなか口に出して言えない。
そして、もう一歩バカになりきれない。。。

人に信用してもらうということは、特にリーダーにとってはとても大変なこと。
そのためには、その人がいかに説得力のある発言をし、行動をしているのか、一挙手一投足をみられている事を意識すること。
いわゆる人間力に尽きる。
そして、良い意味で、弱み(自分に足りないもの)も見せなければ、人は絶対についてきてくれないのではないかと思う。

キレイゴトだけでは、人は動いてくれない。
小手先のスキルだけでは、人は動いてくれない。

リアリティのある人(人を惹き付ける何かを持っている人)の発言は、やはり重みがあり、説得力があり、共感でき、「この人になら任せられる」と思える。
それは、具体的に目に見える形ではなく、人の心に響いてくる。
リアリティというと、目に見えるものという先入観があるけれど、目に見えないこそのリアリティというものが、リーダーにとって不可欠になってくるのだろうと思う。

僕はまだまだそんなリーダーの領域に入っていなくて、まだまだひよっこだなということを心の底から感じた。
そして、もっともっと「自己表現をしよう=バカになろう」と思った。

リーダーだけでなく、これからの世の中は、あらゆる事に対して「リアルティ」が求められると思う。

そのリアリティというのは、言葉では語れない部分や魅力になってくる。

いくら口先だけでかっこいいことを言っていても、行動が伴っていなければ、リアリティがない。

ブログも一緒で、いくらかっこいいこと、耳障りの良いことを書いたとしても、それがホンモノかどうかは、行間から滲み出てしまう。

だからこそ、自分をもっともっと表現して、自分に足りないものは何かをしっかりと認識して、そして明確なビジョンを持って、説得力のある言動をしながら協力者を増やしていく。

そういう努力がこれからの僕の課題になると思っている。





JUGEMテーマ:日記・一般


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 19:55

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/523