■唯一にして最大の商品は? | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■クラウド時代に再確認すべき事 | main | ■これを求めていたんです!Outlook2007で自動的に自分をBCCに入れる方法 >>

■唯一にして最大の商品は?  このエントリーを含むはてなブックマーク

JALの経営再建問題が取り上げられ初めて、結構時間が経過しました。

政府保証が付くとか、年金制度に手を入れるとか、社風改善とか、経営者の責任とか、親方日の丸体制がどうの、などなど、あらゆる視点から様々な人が発言をしています。

最近になって、アメリカの航空会社からの資本注入についてもあらためて話題になっています。
それだけ大きな問題でもあり、興味関心が高い話題ですよね。


さて、そんな中、ニュースのコメントを読んでいて共感したこと。

それはこの言葉です。


「JALの再建は、突き詰めれば単純。唯一にして最大の商品である『座席』をとことん売ればよいのです。ところが、いまはそれがまったくできていない」



引用:http://news.livedoor.com/article/detail/4469373/


僕は関係者でもないし、JALの経営や販売の現場に詳しいわけではありませんが、なぜこの言葉に共感したかというと、こんな本を読んでいるからです。

大逆転!―コンチネンタル航空 奇跡の復活


この本、かなり評価も高いようだったので、ちょっと古いかなと思いつつ買ったまま読まずにいたのですが、読書する時間を無理矢理作って読み始めました。

この本を読んでいると、経営というものの難しさや単純さ、リーダシップの取り方など、本当に勉強になる事が多いのですが、書かれている当時の「コンチネンタル」を「JAL」に置き換えると、全てJALに当てはまる気がして仕方ありません。

その本の中にも、冒頭の「座席を売ればよい」というコメントと同様、当時のコンチネンタルがそれを着実に行った事で営業利益がどんどんでるようになったストーリーが書かれています。
「座席」という航空会社にとって最も大切な商品を、丁寧に信頼してもらえるように売っていくということは、決して自社都合で商品を売ってはいけないことがわかります。
あくまでも「顧客が望んでいる商品にすること」「販売代理店と、お互いが喜べる内容で契約すること」などなど、顧客視点に立つという、一見当たり前のことをやるだけのことです。

でも、その単純なことができなくなってしまった今のJALは、様々なところで問題を抱えているのは事実だと思います。
でも、そんな状況を「なんとかして改善したい」「復活させよう」と頑張っている現場の方はたくさんいらっしゃると思います。

そういう方が、もしも諦めそうになってしまったり、「自分のやっていることは正しいのだろうか?」と疑問に思う事があれば、是非、紹介した「大逆転」を読んで欲しいなと思います。(まさかこのブログを読んでいる人に該当者はいないと思うので、無意味なメッセージだとは思いますが)

そして、前に書いた事があるかもしれませんが、航空業界(管制)には、こんな言葉があるそうです。

それは、「ABC」です。

当たり前のことを(A)
バカにしないで(B)
ちゃんとやる(C)


これが何事に対しても基礎基本になるのだろうなと思います。

飛行機好きなので、どうしてもJALの話題からは目が離せません。
飛行機と経営という切り口から読み始めた本ですが、思わぬところでJALと繋がる部分があり、そういう観点から読んでも面白い本です。

JALは日本を代表する会社の一つだと思うので、自信を持って薦められるエアラインの一つになって欲しいなと思います。


P.S.
海外のエアバンドを聴けるサイトがありますが、そこで「ジャパンエア」というコールサインを聴くと、本当に嬉しくなってしまいます。
まさに世界を舞台に活躍している会社の一つがJALだと思うので、再起に期待したいと思います。






JUGEMテーマ:ひとりごと


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 22:47

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。