IT・デジタル | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


■EVO WiMAX ISW11HTで突然アプリがインストールできなくなった時の対処法  このエントリーを含むはてなブックマーク

ある日突然、Androidマーケットからアプリをダウンロードして、インストールしようとしても

「USBストレージまたはSDカードにインストールできませんでした」

と表示され、アプリがインストールできなくなりました。
(アプリの更新もできなくなりました)

ただ、全てのアプリがインストールできないかというと、そうでもないようで、できるアプリとできないアプリがあったり、SDカードに移してあるアプリを本体に戻してあげるとアプリの更新ができるようになったりと、
よくわからない挙動をするようになりました。

いろいろ調べてみると、さすがインターネット。情報の宝庫です。

宝庫とはいえ、各者各様、様々な対処法を書かれていましたが、自分がやったのは

「smdl2tmp1.asec」というファイルを消す

ということのみです。

このファイルを消去したら、インストールや更新ができない問題は全て解決しました。

念のため手順を書いておくと、

1.EVO WiMax ISW11HTを「外部メモリモード」でUSB接続する
2.SDカード内の「.android_secure」フォルダを開く
3.「smdl2tmp1.asec」を見つけて削除する
4.EVO WiMax ISW11HTのUSB接続を解除する

という手順です。

自分の場合は、再起動なども必要なく、アプリがインストールできるようになりましたが、不安があれば、「smdl2tmp1.asec」を「smdl2tmp1.asec.bak」などに書き換えておいても良いと思いますし、本体を再起動しておいたほうが良いかもしれません。

なお、「smdl2tmp1.asec」はrootでないとアクセス不可のようですので、PCにISW11HTを接続して該当ファイルを削除したほうがよさそうです。
(どうしても本体のみでやりたい場合は、適するファイラーが必要となるはずです。


いろいろ調べてみたところ、APP2SD対応アプリのインストール時にインストーラが「smdl2tmp1.asec」というファイルを作成するらしく、その際に、ファイルが既に存在していたり、途中でアプリのインストールを中止するなどをした場合に、このエラーがでるようです。

振り返ってみると、いくつかのアプリをインストールしようとした際に、Androidがフリーズしたように感じたので、アプリのインストール中にも関わらず強引にシャットダウンした事があります。
(簡単に言えば、電池を外した・・・)

そういう無謀な操作が今回の現象の要因だったかなと思います。

尚、参考にさせていただいたサイトは以下です。


■kmor1 メモ
http://kmor1.blogspot.com/2011/02/android.html

■planetary days,
http://blog.goo.ne.jp/peki-k/e/7632597abf8fab4d65702b68ee983f9c


■ANDROID POLICE
http://www.androidpolice.com/2011/04/19/fixing-the-couldnt-install-on-usb-storage-or-sd-card-problem-on-android/






記事URL

comments(1)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 17:44

■HTCという会社の魅力 〜HTC EVO WiMAX座談会に参加して〜  このエントリーを含むはてなブックマーク

さて、HTC EVO WiMAX座談会の具体的な記事に入ります。
機種自体の話の前に、まずはHTCという会社について教えていただいたことを少々。

タイトルであるHTCの魅力を自分なりに2つ挙げてみると


1.スマートフォン専業メーカーであることによる技術的優位性を持っている
2.デザイン会社を買収したこと

なのではないかと思います。


HTCのブランドコンセプトは

「quietly brillant」

です。

その意味するところは

「最先端の技術の押しつけではなく、お客様の行動を観察して
 もっとも自然に、直感的に操作ができるスマートフォンを提供できるよう心がけています」


との事です。


iPhoneも似たようなコンセプトのように感じる面もありますが、技術を全面に押し出さず、
その技術がユーザーにどのような利便性ももたらすかをまず最初に考えるというのは、
スマートフォンメーカーとして正しい方向性だと思います。


技術的優位性がなければ、ユーザーに利便性も提供できないわけなので、簡単に言ってしまえば、
ちゃんとしたマーケティングをしようということだろうと理解しました。

(とはいえ、IT系メディアで取り上げる時はどうしても技術的な面が全面に出ることが多いので、そのあたりのパブリシティというか、マーケティングについては、もう少し今日かしていく必要があるのでは?と思います)


デザイン会社を買収(だったと思います)については、





One & Coという会社を買収しているそうです。

この会社、HTCが買収したとはいえ、HTCのデザイン部門としてのみ機能するのではなく、積極的に他会社のデザインも手がけているようです。

そうすることによって、デザイナーの感性を失う事なく、そして他社でのノウハウをHTCの製品デザインに活かしていこうというのが
その目的のようです。

実際にクライアントリストを見てみると、たしかにデザインが優れていると感じるプロダクトをたくさん販売している会社の製品デザインを手がけているようです。


【参考】クライアントリスト

http://www.oneandco.com/client_list.html


僕も気に入って使っているMSのArc Mouseもこの会社がデザインしたと聞いて、One & Coがデザインした製品に俄然興味がわきました。


今回発売された「HTC EVO WiMAX」は、まさに技術的優位性とデザインの良さが最大公約数で両立されている製品だと思います。

ということで、なかなか機能の具体的な部分に入りませんが(笑)
次回、いよいよ「HTC EVO WiMAX」の具体的な機能についてレビューしていきたいと思います。







記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 18:00

■HTC EVO WiMAX座談会に参加 〜自分がスマートフォンに求めるもの〜  このエントリーを含むはてなブックマーク

DSCN0485.jpg

世の中iPhoneが大流行です。
といいつつ、冒頭の写真はHTC「EVO WiMAX ISW11HT」のプロダクト担当者さんです!

たしかにiPhoneは魅力的でカッコイイ。
アプリもたくさんあるし、いろいろな欲求を満たしてくれそう。

でもなぜかAndroidに心奪われる自分が不思議です。

中でもHTCというメーカーは、
個人的に、外見も含めたユーザーインターフェースが気になるというか好みです。

で、そんなに好きなのに始めて知った事実があって、

HTCって、スマートフォン専業メーカーなんですね!!

スマートフォン以外にも、デバイスかパーツ類のOEMとかやってるかと思い込んでいたので、
まさか専業とは驚きでした。


で、話は戻って、スマートフォンは今までに2台使ってきました。
Touch Diamondも使っていた事があるので、それも含めると3台になります。

さらにiPod touchも含めると4台。


モバイルで仕事をする事も多いので、今までの通信環境は、

・ガラケー
・PocketWiFi


という感じで、おそらく大半のモバイルユーザーと同じような環境でした。
で、メールのチェックのためだけにノートパソコン持ち歩くみたいな日々も多々あり。

※日々届くメールの数が半端ないので、キャリアメールに転送なんて自分の中ではありえない。


性格的に、モノは用途別に使い分けるというタイプなので、
「まぁ、それでもいいかな」と思っていたのですが、
あまりの面倒さにちょっと疲れ始め、
仕方ないのでiPod touchをPocketWiFiに繋いでみたりもしましたが、
PocketWi-Fiが繋がるまでの時間が、これまたちょっとイライラする。。。


Androidのスマートフォンが販売された当初から、いろいろな面で期待していた事がありましたが、
その期待を満たしてくれ、さらに将来に可能性を感じるスマートフォンがなかなか登場してくれなかったので、

覚悟を決めてiPhone持とう!

と思っていたら、IS03が発売され、ガラケーからは一旦卒業しました。

IS03の場合、スマートフォンへの期待感もありましたが、LISMO WAVE聴きたい!という欲求が多分7割ぐらい。
もちろん、対応するガラケーもありましたが、やっぱりスマートフォンへの興味が捨てきれず、IS03を所有。

とはいえ、ネット接続環境はPocketWi-Fiのままなので、
「これって意味あるのか?」と、数日経過した時点で既に自問自答。

IS03は、日本の市場をちゃんと意識しているので、Edyが使えたり、テレビが見られたりと普通の携帯と遜色ない部分も多々ありますが、いざ使ってみると、バッテリーの駆動時間の課題があったのはもちろんですが、
自分がスマートフォンに求めていることがはっきりしました。

その第一は、やっぱりテザリング。
そして、UIも含めたデザインには妥協したくない。
ついでに言うと、おサイフケータイとかは自分にとっては重要でない。

それが自分にとってのスマートフォンに求める要求仕様(笑)となりました。

いよいよ要求仕様も決まったので、IT系のサイトを見てみたら、テザリングできるスマートフォンが発売されるらしい。
しかもauから。
テザリングできれば、通信料の削減にもなるのは間違いないので、自分の興味関心は一気に「EVO WiMAX ISW11HT」へ。

まず最初に、キャリアメールが使えないということで、相当悩みましたが、
最終的にガラケーとEVOの2台に集約することにしました。
(そこに至る過程はまた機会があれば書いてみます)


ということで、そんなEVOの開発会社であるHTCさんと直接お話できるチャンスがあると知り、
今回「ユーザー座談会」に参加してきました。


前置きが長くなりましたが、
興味深いお話もたくさんお聞きできたので、次の記事から具体的に書いていきたいと思います。









記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 23:20

■防水携帯  このエントリーを含むはてなブックマーク

ファイル.png
お風呂の中でワンセグ観たり、ブログ書いたりする人たちが多いという記事を、以前どこかで読んだことがあります。


その時は、お風呂にまで携帯持ち込むなんて…


と思っていましたが、なんと!

今お風呂に入りながらブログ書いています。

色んな事情があって、今回T006という、東芝の防水携帯を使う事になったわけです。


ブログのタイトルの通り、飛行機好きで、屋外撮影をよくするので、撮影に行く時は可能な限り防水対応機器を持参します。

携帯選びの際に防水対応は必須機能ではないですが、やはりあったらあったで便利というか安心ですね。


このままお風呂の中にこの携帯を沈めてみようとも思いましたが、やっぱりやめておきます…。

au携帯で特にお気に入りなのはLISMO Waveです。

何気に画期的というか、よくぞこういうサービスをオープンしてくれた!と思います。


入浴中はやっぱり暇だし、今までは本を読みながら長湯してましたが、この携帯のおかげで、ラジオ聴きながらブログ更新でき、時間の有効活用ができるようになります。

T006はBluetoothにも対応しているし、Wi-Fiにも対応しているので、防水対応のキーボードがあればもっと最高です。


なんだかんだと言って、小さなボタンをちまちま押しながら入力するのはストレスです。


日本人はお風呂に入る習慣があるので、防水携帯のニーズはそこにあったんだなと感じます。

ちなみに、このT006は女性を意識した機種らしいです。


ボタンのバックライトが意味もなくチカチカするし、デフォルトで用意されている待ち受け画面を見たときはどうしようかと思いましたが、今では、いたって普通の設定にしています。


お風呂でブログ更新というのも、なかなかいいものですね。

記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 21:34

■iPod touch工場出荷時に戻す方法  このエントリーを含むはてなブックマーク

PCを買い換えた時、iTunesで管理していた音楽データや、ライブラリを完全消去してしまい、とても面倒な事になっています。。。

ということで、CDを200枚近く取り込み直したり、購入済みのアプリや音楽を再ダウンロードしたりして、なんとか前の環境に戻そうと思っていたのですが、どうもiPod touch側の調子が良くない。

流れている曲と、アートワークが一致しない現象があったりして、なんだかストレスだったので、この際、iPod touch側を工場出荷時に戻して、再同期させることにしました。

ということで、備忘録的にその手順を。

1.iPod touchとPCを接続し、iTunesを起動してtouchを認識させる。

2.HOMEボタンとスリープボタンを同時に長押しする。
途中で電源を切るか尋ねられますが、構わずにそのまま押し続ける。

3.touchの電源が切れたら、HOMEボタンは押したままで、スリープボタンを離す。
PCからtouchが取り外される音がするはず。

4.そのままHOMEボタンを押しっぱなしにしておく。約10秒ほど。
その間にPCがデバイスを認識します。(一応まだHOMEボタンは押しっぱなし)

5.iTunesがtouchをリカバリーモードで認識するので、そのメッセージが出たら、
HOMEボタンから手を離す。

6.で、メッセージ通り「復元」ボタンを押す。

7.復元が完了すると、iTUnesが今までにバックアップしてあるバックアップデータから復元するか、
新しいiPod touchとして認識するかを聞いてくる。
自分の場合は、新しいiPod touchとして認識するようにして、再同期しました。

こんな手順になりますが、最終的に復元されるまでに10分ぐらいかかるので、その待ち時間がなんだかドキドキします(笑)

iTUnesって、何気に使いにくい(慣れるまで大変)と思うのは僕だけでしょうか?

最近は、iTunesに変わる管理ソフトも発売されているようですね。

こんなのとか↓

http://www.copytrans.jp/


僕は、PCから音楽データを全て削除してしまうという失態をしでかしたので、iPod touchからデータを抜き出すために、上記のソフトを使ってみました。

こういうソフトがあって、助かりました。


JUGEMテーマ:iPod touch (Apple)


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 19:54

■すでに違う…  このエントリーを含むはてなブックマーク

次回の記事について予告しましたが、早速違うネタを書きます(笑)

ブログって書き始めると次から次へとネタが思い浮かんだりするのです。

きっとブログを書いているあなたならわかってくれるはず!


ということで、このブログ、飛行機の写真が多いですが、過去には日々のスナップも載せていました。


ブログって、写真と相性がいいのです。

だから、あとでブログに書きたいことなどは、携帯とかデジカメで記録しておくといいですね。

今どきなカメラは、GPS内蔵だったりするので、行動記録にもなります。


記事にも使えるし、日記代わりにもなって、なかなか使えます。

時にはメモ代わりにもなりますね。


あとから、この写真、なぜ撮ったんだろうって思うこともありますが(笑)

記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 01:01

■RAW撮り  このエントリーを含むはてなブックマーク

一眼レフを本格的に使い始めて、まだまだ日が浅いですが、
先日、始めてRAWで撮影をしました。

今まではいわゆる「JPEG撮って出し」というやつです。(JPEG形式で撮影して、そのまま保存)

RAWのメリットは画像劣化しないことと、撮影後にもいろいろな設定とかを変えられること。

僕の性格上、どうしても、「撮影した後に写真を加工する」ということに抵抗があったのですが、
画像劣化しないという点で、RAWで撮ってみようと思い、チャレンジしてみました。

RAWは、撮影後の現像が面倒ですが、その分、余計な写真や失敗作を削除できたりもするので、
写真の整理をするという観点からもメリットがありそうな気がします。

ということで、RAWで撮ろうと思った理由がもう一つあって、最近、使っている機材の特性とかクセが
わかってきて、自分好みの色が出せるようになってきたこと。

だから、きっとRAWで撮ってもあとから編集したり加工したりする確立が低くなるという想定で
RAWで撮影する事を決めました。

デジタル一眼レフの良さは、後から加工や修正ができることだとも言われますし、その通りだとは
思いますが、やっぱり写真はその場の一発勝負が好きです。
(なので、トリミングとかもほとんどしたことがありません)

なんていいつつ、いざRAWデータをいろいろと触って、設定を変えたり加工したりしてみると、
「こんな写真が、このレベルになっちゃうわけ?」というぐらいすごい変貌を遂げたりした
写真も何枚かありました。

やっぱり性格上、撮った後の写真に手を加えるのにまだ抵抗がありますが、
カメラ自体のせいで、WBが狂っていたりすることもあるので、そういう時は何かと便利そうです。

ということで、これからは、しばらくの間RAWでの撮影を続けようと思います。






JUGEMテーマ:写真


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 00:30