F1 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


■BMW Sauber F1.09発表(1月20日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

F1.09
BMWザウバーF1チームは、20日ヴァレンシアで2009年F1マシンを発表した。
ロバート・クビサ(24歳)とニック・ハイドフェルド(31歳)が、F1.09を披露し、その後初走行を公開した。

F1.09
ザウバーのマシンも、Ferrariや他チーム同様、ステアリングに細かいスイッチやレバーが配置されている。

正面からの写真がないのでわかりにくいが、ザウバーは、他のどのチームよりも、フロントノーズが幅広であるように見受けられる。
また、これも拡大写真がないので見にくいが、サイドポンツーン下側に、大変細かいルーバーを設置することで、冷却対策をしているようだ。


JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 20:29

■Renault R29発表(1月19日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

R29
ルノーはポルトガルのポルティマン・サーキットでR29を発表した。
この発表会もF1にしては控え目なものだったようだ。

マシンはカラーリングが大きく変わり、リア部分がルノーの黄色になっている。
また、新しいオイル・サプライヤーのトタルがフロントおよびリア・ウィングのエンドプレートに表示されている。

R29
R29の特徴は、FW31同様、サイドポンツーン周辺に見受けられる。
マシン後方のサイドポットに穴があいており、これは、エンジンやラジエターの冷却用の穴だと見受けられる。

というのも、2009年シーズンは、ルーバー、チムニー、その他サイドポッドの冷却用開口部が禁止されており、ラジエータの空気はすべてサイドポッドの背後から排出されなければならないことになる。
というわけでルノーは、フェラーリと同じく、サイドポッドを熱い空気を後方に導くチューブとするアプローチを採用したようだ。

JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 20:08

■Williams FW31発表(1月19日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

FW31
ウィリアムズは、ポルティマンのサーキットで2009年マシンFW31を披露した。
今までに発表があったチーム同様、幅狭で背の高いリアウィングに、幅広のフロントウィング。スリックタイヤという、レギュレーション対応がされている。

FW31
FW31は、今回の発表時は冬季テスト用の暫定カラーリングを施されており、2009年の最終的なカラーリングは2月に発表されるようだ。
カラーリングが一色のため、マシンの特徴が写真からはわかりにくいが、サイドポンツーンの形に特徴があるように見受けられる。
また、フロントノーズは、Ferrariのそれとは違い、幅が広い。
また、ブレーキダクトにも工夫が見られる。

新デザインと、シェイクダウンが楽しみなところ。



JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 20:08

■McLaren MP4-24発表(1月16日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

MP4-24

McLaren Teamは、2009年1月16日、MP4-24を発表した。
http://www.mclaren.com/

Ferrari、TOYOTAと同じ角度で撮影された公開用写真がないので、比較はできないが、新レギュレーションに対応していることは当然として、Ferrari、TOYOTAとの一番の違いは、フロントウィングが特徴的であることだと思う。

詳しくは、このサイト(http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51448926.html)で解説されている。

2009年シーズンは、フロントウィングをドライバーがステアリングに搭載されたスイッチなどから、上下に稼動しても良いことになっている。
(MP4-24については、6℃の角度で可変できるようだ。)

そのため、既に発表されたFerrariやTOYOTAも、シーズン開幕までにフロントウィングの開発をもっと進めてくるかもしれないが、McLarenのフロントウィングは、前述の2チームに比べて、臨戦態勢になっていると見受けられる。


今までに発表された3チームの、同角度からの撮影写真比較は、
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51448833.html
↑ここを参考にすると、とてもわかりやすい。



JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 14:52

■TOYOTA TF109発表(1月15日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

TOYOTA TF109
※写真は、公式サイトのオフィシャルイメージより

TOYOTA F1 Teamは、2009年1月15日、インターネットで新車発表を行った。
特設サイト:http://www.tf109-premiere.com/

アメリカ発の金融危機のため、TOYOTA本体が売り上げ減少する中、その余波はF1チームにも影響し、昨年まではF1チームのある本拠地のドイツでF1新車発表会を行っていたが、今シーズンはインターネットの特設サイトでのみ、新車発表会を行った。

Ferrari同様、新レギュレーションに対応したマシンは、幅広のフロントウィングに、幅狭のリアウィング、スリックタイヤにまず目をひかれる。

TOYOTA TF109

公開された写真をみる限り、サイドポンツーン前には、空力的パーツの取り付けが認められているらしい。
Ferrariは、同様の部分にバックミラーと一体化されたパーツを取り付けていた。
今シーズンは、この「サイドポンツーン」周辺の空力的パーツをいかに開発するかも注目の的になりそう。

また、TOYOTA TF109は、Ferrari F60に比べて、マシン後方の絞り込みがあまりないように見受けられる。

Ferrari F60にしても、TOYOTA TF109にしても、写真だけみる限りでは、新レギュレーションが発表された直後にみたBMWやトロロッソと違い、意外と綺麗なフォルムで、「速そう」なイメージを受ける。

それから、特設サイト上に、F1の組み立てシーンが動画で公開されていることも注目。
なかなか面白い試みだと思う。

●動画を観る



JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 13:50

■Ferrari F60発表(1月12日)  このエントリーを含むはてなブックマーク

F60
ブログでの紹介がちょっと乗り遅れましたが、フェラーリは2009年1月12日午前、2009年マシンを発表しましたね。
F60という名称の由来は、F1ワールドチャンピオンシップ参戦60周年を記念してとのこと。

幅広のフロントウィングと、幅狭のリアウィング。スリックタイヤに、空力パーツが禁止されるという2009年のレギュレーションに従って開発されたF60。

実際のシェイクダウン(オンボード)の映像が公開されていました。



F60
それにしても、F60のステアリングはすごすぎですね。
時速200キロ〜300キロを出しながら、これらのステアリングのボタンやレバーを操作しつつ、走行するなんて、F1ドライバーは、やっぱり特異な才能を持っているということですね。

その他、F60の動画は、以下が詳しいです。
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51447800.html

空力処理については、以下が詳しいです。
http://f1-gate.com/ferrari/f1_2630.html



JUGEMテーマ:F1


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 17:58

■キミライコネン&シンガポールGPの記念切手  このエントリーを含むはてなブックマーク

フィンランドの英雄、F1ドライバーであるキミライコネンの記念切手が、このサイトで販売されています。

http://agcy-sh.sv1.allin1.jp/goods/1219468256494/


で、その中に、サイン入り記念切手というものがあったので、「お、買おうかな」と思って切手のデザインを確認したのですが。。。(以下写真参考)
キミライコネン切手

キミライコネンのサインってこんなだっけ?と、しばし考え込む。

ふと思い立って、サイトの下のほうにある注意書きを読んだら、

今回のキミ・ライコネンS/Sの切手をデザインしたデザイナー Antti Raudaskoski のサインが入った、サイン入りキミ・ライコネンS/S FDCを、フィンランド郵政の特別提供によりまして、僅かな数量ですが販売します。
キミ・ライコネンのサインではありませんのでご注意ください。

ということでした。

危うく購入するところだった。
だいたい、こんな適当なサインをライコネンがするわけないですよね(笑)

サインなしの切手は、こんな感じ。
キミライコネン切手

ちなみにこのサイト、F1シンガポールGPの記念切手も発売しています。

シンガポールGP切手



JUGEMテーマ:切手


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 09:20